ダイナミックマッハ 飲み方

ペニスを手術で長くすることができる長茎手術というものがあります。長茎手術とはどのような手術方法なのか?危険性はないのか?などペニスを長くする手術で気になることを詳しくお伝え。

ダイナミックマッハ 飲み方 ≫ ペニスを手術で長くする長茎手術

ペニスを手術で長くすることができる長茎手術というものがあります。長茎手術とはどのような手術方法なのか?危険性はないのか?などペニスを長くする手術で気になることを詳しくお伝え。

長茎手術(長茎術)には大きく分けで2つの方法があります。その違いはメスを入れて長くするか、メスを使わないで長くするかの違いです。ペニスにメスを入れて長くする時のデメリットは傷跡が残る可能性があること。勃起した際のペニスの角度が変わりやすい、ペニスの反り方が変わりやすいという欠点がありますが確実性があり、効果が薄れていく可能性が低く信頼できる手術法です。

メスを入れない方法とはペニス自体を引っ張っぱり糸で固定するというものでほとんどの場合、麻酔をして行うので特に痛みを感じることはありません。デメリットとしては性交渉が2週間から一ヶ月ほどできなくなることが挙げられますが、これについてはどちらの手術をしても同じ。大きなデメリットとして効果が薄れていく可能性があるというのはご承知おきください。

手術費や効果について

メスを入れる場合も入れない場合も基本的には同じ手術。メスを入れて傷がつく可能性はありますが、メスを入れたほうが確実性があります。メスを使わない手術では糸を使って固定するので、時間の経過とともに効果が薄くなる可能性があります。手術費についてはメスを使わない場合が10万円、メスを使う場合が30万円くらいと思っておいてください。この費用は手術を行うところによって大きく変わってきます。

自分のペニスがどれくらい長くなる可能性があるのかは、手術をする前に確認することができます。どれくらい長くなるかについては個人差もありますが、だいたい2センチから5センチほど、長い人では7センチも長くなるケースもあるそうです。

包茎手術などペニスに関する手術で大切なのが術者の経験。手術の成功、できの良さには手術を行う方の技術や経験が大きく関わってきます。ですから、長茎手術を行う場合はできるだけ大きな病院、長く経営されていて評判の良いところを選ぶようにしましょう。術後1年以内は診察が無料。傷口が目立たないことをアピールしている。手術当日からシャワーを浴びることができるなどの条件から病院選びをすると良いかもしれません。
ここでは長茎手術について、あなたも気になるであろうことをQ&A形式でご紹介。病院へ行く前に少しでも不安を解消していただければと思います。

 長茎手術で痛みを感じることはありますか?
 ほとんどの手術で麻酔を使用するかと思います。麻酔注射時の痛みに対しても予備麻酔を行うことで痛みを最小限にすることができます。麻酔を打てば術中に痛みを感じることはありません。

 手術の時間はどれくらい?
 早いと15分。長くても40分程度で終えることができます。

 入院は必要か?
 入院の必要はなく、手術したその日に帰宅することができます。

 何度か通院が必要になるの?
 一週間から10日後に抜糸する必要がありますが、通院が難しい場合は抜糸の必要がない糸を使うこともできます。

 保険適用できるか?
 保険適用はできません。

 術後もエッチはできますか?
 性行為は2、3週間。長いところだと一ヶ月は性行為禁止となります。ある程度制限はかかりますが、マスターベージョンは可能です。

 ネット上にでている長茎術と同じではないのか?
 ネット上の方法では確実性がありません。医学的根拠のないものなので、そういう情報に振り回されないよう注意してください。

 ペニス増大サプリと効果は違うのか?
 そのようなサプリメントには医学的根拠が無いものがほとんど。ペニスだけを長くする効果はペニス増大サプリにはありません。

 後遺症や副作用の心配はありませんか?
 長茎手術では海綿体に直接触れることは無いので、勃起力の低下や利尿に影響するということはありません。ペニスの角度が変わる可能性はありますが、これは術者の技術により変わってきます。

 切る手術と切らない手術の違いは?
 切らない手術は根本を糸で固定するものですが、太っている方ほど効果が低く、全く効果を得られないという場合もあります。切る手術では効果に対する確実性が高くなり、切らない手術の後、切る手術を行われる方も多くいらっしゃいます。

 長茎手術と同じ効果を得られる器具はないの?
 ネット通販では牽引したり、ペニスを真空状態にしてペニスを長くする器具が販売されています。ですが、これらの多くは未承認の器具で手術と比べると確実性の点について大きく劣ります。安全性も考えると、あまりおすすめできる方法ではありません。

 ネット上で公開されている長茎術について、信憑性の点で気になります。
 ネット上の情報すべてが正しいとは言えません。逆にすべての情報が間違いとも言うことはできません。ただ、確実性の点においては長茎手術は高い確実性があります。
ペニスを太くする手術に亀頭・陰茎増大術というものがあります。長茎手術に興味があるなら、亀頭・陰茎増大術にも興味はある方が多いと思います。亀頭・陰茎増大術には早漏解消というメリットもあり、仮性包茎の場合は包茎の悩みをなくすことも。ペニス自体の見た目も良くなるので自分に自信が持てるようになったという方もいらっしゃいます。こう説明していくと陰茎増大術は最高の方法だと思われがちですが、目をつぶることができないデメリットも存在します。

亀頭・陰茎増大術のデメリットは手術費が高いこと。場合によっては痣が出ることもあり、最悪の場合はペニス自体に違和感が出て機能障害につながる可能性もあるそうです。このデメリットを少しでも小さくするためには事前のカウンセリングが大切。気になることは何でも医師に相談し、納得してから手術を行うようにしましょう。

長茎手術と陰茎増大術の違いについて

先にお伝えした通り、長茎手術はペニスを長くする手術なのですが、実は長茎手術も陰茎増大術に含まれます。陰茎増大術には長茎手術、脂肪吸引長茎術、増大術(陰茎増大術)の3つがあるのです。

長茎手術
ペニスを長くする方法で、からだの中へ埋もれている部分を引っ張り出して長くする方法。元々埋まっているものを引き出すだけなので、本来のペニス自体の機能に影響を及ぼす可能性は少ないです。

脂肪吸引長茎術
太っている方に多く採用されるのが脂肪吸引長茎術です。からだの中にペニスが埋まっている部分が多い場合も脂肪を吸引して除去する場合があり、基本的には手術費は高めになります。

増大術(陰茎増大術)
ペニスだけを太くする目的でコラーゲンや脂肪などを注入していきます。注入する成分によりペニス自体が受ける影響が変わりますので、目的と体質に合う成分を選ぶことが重要です。
増大術の欠点の一つが効果に限りがあるということ。注入する成分によりますが、ヒアルロン酸で2年ほど、アクアミドだと7年近く効果が持続するそう。自分の脂肪を注入すれば半永久的と言われていますが、確実性はありません。

陰茎増大術と亀頭増大術の違いは注入する場所だけの違い。陰茎増大術の手術費は安いと5万円ほどで、高いと20万円以上にもなります。亀頭増大術も注入する成分によりますが10万円ほどの費用がかかります。

陰茎増大術ではある程度自分のペニスをカスタマイズすることができるので、理想的なペニスにしていくことができます。陰茎増大術を行う場合はメリット・デメリットの両面を考え、手術を行うかどうか判断するようにしてください。

最後に注入する成分の種類と持続期間をご紹介します。

ヒアルロン酸(4万円・2年持続)
アクアミド(7万円・7年から半永久的に持続)
コラーゲン(8万円・半年から1年持続)
バイオアルカミド(12万円・7年~半永久的に持続)
自分の脂肪(半永久だが確実性に疑問)

Copyright © 2018- ダイナミックマッハ 飲み方