ダイナミックマッハ 飲み方

ダイナミックマッハはペニス増大が目的ですが、ED治療薬は勃起機能改善が目的。日本人男性の4人に1人がEDで悩んでいるという昨今。ED治療薬は欠かせないものになりそうです。

ダイナミックマッハ 飲み方 ≫ ED治療薬を利用する目的とは

ダイナミックマッハはペニス増大が目的ですが、ED治療薬は勃起機能改善が目的。日本人男性の4人に1人がEDで悩んでいるという昨今。ED治療薬は欠かせないものになりそうです。

勃起機能不全。つまり、EDでお悩みの方はいませんか?このサイトへ訪れているあなたはペニスを大きくするために来訪されたかもしれませんが、勃起力についても少なからず興味はあるはず。ということで、ここでは勃起障害であるEDを治療するために利用されているED治療薬についてご紹介していきます。ダイナミックマッハにはペニスを大きくするという目的がありましたが、ED治療薬には、それとは違う目的があります。

勃起機能改善

ED治療薬について触れる前に、勃起機能改善、ED改善のための治療法についてお伝えしていきます。多くの男性が誤解されていることの中に、「EDは全く勃起しないことだ」と思い込んでいることが挙げられます。ペニスがまったく勃起しないのはもちろんEDですが、勃起しても十分な硬さがなかったり、勃起状態を長時間続けることができない。一度ペニスが萎えてしまうとなかなか回復してくれないなど、セックスに支障がでるようなことがあればEDと言うことができます。

つい最近までは、歳を取るとED気味になるのは仕方のないこと、あたり前のことだと考えられていました。しかし、バイアグラのようなED治療薬が登場してからというもの、世の中の男性の考え方も変わってきています。ED治療薬が登場する以前は、ED治療のために器具を使用したり、ペニスへ直接注射をして血流を増加させるという方法が取られていました。

しかし、EDの症状というのは身体だけの問題ではなく、心の問題が関係していることもあります。それら心の問題の場合、器具だけではED治療をすることができなかったのです。こういう心の問題に対しても効果があるとされているのがバイアグラをはじめとするED治療薬なのです。

ED治療薬とは

先ほど申しましたようにEDには重度なものから軽度なものまでさまざま。軽度なものまで含めると日本人男性の4人に1人がEDによって悩んでいるというデータもあります。性欲はあるのにうまく勃起してくれない。勃起してくれない心理的負担から、さらにEDが深刻になってしまうというケースもあり、簡単にはいかないというのがEDなのです。

ED治療薬を使った治療でも100%の男性に効果があるわけではありませんが、約7割もの方に効果があるとか。効果の大小を含めれば、現在はほとんどのEDの改善が期待できることと認識されています。

EDに対する効果の高いED治療薬ですが、他に薬を利用していて使用することができない方がいます。それが狭心症の薬を飲まれている方々。狭心症や心筋梗塞の方は硝酸剤を使用されている方が多いです。バイアグラなどのED治療薬と硝酸剤を併用してしまうと血圧を下げすぎてしまう可能性があるのです。

硝酸剤のひとつであるニトログリセリンを使用している場合、運が悪ければ命に関わる事故につながってしまう可能性もあります。万が一のことを考え、硝酸剤を使用している方はED治療薬の使用を控えるようにしてください。使用する場合は医師に相談する必要があるでしょう。

男性ホルモンとEDの関係

男性の精力が衰えてくる原因の一つに男性ホルモンの減少が挙げられます。性的機能、性的興奮の源友言える精力には男性ホルモンの分泌が深く関係しているのです。男性ホルモンの分泌量により、精子の生産量や性欲の大きさに影響が出ます。ですから、男性ホルモンが減少してくるとEDになる可能性が高まっていくのです。

男性ホルモンには性欲だけではなく、筋肉の発達や髭や髪の毛、攻撃的本能や闘争心を高めると言った働きもあり、男性にとっては欠かせない成分。そのピークは20歳から30歳の頃だとされています。

男性ホルモンが減少する原因には菜食主義働きすぎ精神亭なストレスも大きく影響するとされています。毎日のウォーキングやジョギングなどもやりすぎは禁物。規則正しい食生活疲れにくい身体を作りをして男性ホルモン分泌を維持していくよう心がけましょう。
今現在、日本で使用することができるED治療薬には3つの種類があり、それぞれ自分の生活スタイルによって選ぶことができます。世界ではじめて作られた勃起障害の治療薬バイアグラ。当時ははじめてのED治療薬ということで、画期的なED治療方法としてとても話題になりました。
 

約5年後にはバイアグラの改良版ともいえるレビトラが。その3年後には長時間使用型のシアリスが開発されました。3つそれぞれに特徴があり、自分のEDの程度によって選び出すことができます。EDぎみの方々にとっては現代は本当に恵まれていると思います。

勃起の仕組みは①脳が性的興奮を感知②ペニスにcGMPを分泌③cGMPによりペニスの平滑筋が緩む④海綿体に血液が満たされ勃起するという流れ。脳からのcGMPを分泌させろという司令がなくなれば、勃起から元の状態へ戻すために今度はPDE5という物質を分泌させcGMPを除去していきます。

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬はPDE5の働きを妨げるもので、一度勃起した状態を長続きさせることができ、ED治療薬を使用する人のおよそ8割の方に効果があるそうです。

どの薬がいいの?

3つの種類のED治療薬があるが、自分にはどの薬がいいのか?わかりやすく表を作成してみました。それぞれの特徴とあなたの症状、求める効果と合致するものを選ぶといいでしょう。



それぞれ3つの大きな違いは持続時間。バイアグラ、レビトラは長くても10時間ほどですが、シアリスはその3倍以上もの時間持続します。人にはさまざまな事情があり、性行為をしたい時に必ずできるというものでもありません。短時間でしっかり決める!という時はバイアグラかレビトラ。タイミングがはかれない時はシアリスといった選び方をするといいでしょう。

注意してほしいのはED治療薬を飲んでから効果が現れてくるまでの時間です。バイアグラは飲んでから効果が現れてるまで一時間程かかります。レビトラは30分から一時間ほど。シアリスも一時間ほどで効果が現れてくるとされています。行為までの時間が短い、即効性を求めるという場合にはレビトラを選択されるといいでしょう。
最近は年の差婚というのも珍しくなく、芸能人などではおじいちゃんにもなるような歳の芸能人に子供ができたというニュースもあります。はたして男性はいくつになっても子供を作ることができるのか?答えは「ノー」です。実は、男性の精子にも若さの目安、活発さのような数値があるのですが、その数値を精子力と呼びます。

芸能人で例を挙げると上原謙さんが71歳、チャールズ・チャップリンは73歳で子供を作ったそうですが、歳を取ると相手を妊娠させる力は衰えてくるのです。一般的には35歳を過ぎると女性を妊娠させる力が落ちてくるのだそうです。ですので、男はセックスさえできればいくつになっても子供を作ることができるという考えは捨てましょう。ある論文では40歳を過ぎた男性は女性を妊娠させにくくなるというデータも出ているそうです。

ちなみに、精子を活発にさせるための簡単な方法として豆を食べるといいそう。これはテレビで放送されていたのですが、豆に含まれている栄養成分の中に精子を元気にする成分が多く含まれているのだそう。普通に売られている煮豆や蒸し豆でいいのですが、できれば蒸し豆のほうがいいそうです。煮豆は作る途中で栄養が逃げてしまうそうですから。

Copyright © 2018- ダイナミックマッハ 飲み方